インターネットにおいて検索サービスの重要性が高ま るにつれて、ページ内要因のみによる評価は機能しなくなっ てしまいました。ページ内要因にある要素は、そのウェブページ (ウェブサイト )の作成者が思いどおりに操ることができるためです。 つまり、検索エンジンの上位に表示させて多くのアクセスを獲得しようという悪意あるサイ ト運営者が、検索にヒットさせたい キーワードをページ内に無意味に大量に埋め込んだり、ウェブペ ージの内容とは全く無関係なキーワードを並べて、あらゆるキー ワード で入力しても常に同じページがl位に表示されるといった検索エンジンスパム行為が横行したのです。
いまでこそ、有名な企業名で検索すると大抵は当該企業の公式 サイトが最上位に表示されます。 しかし 10 年前は逆に、どの企業名で検索しても検索結果がアダルトサイトで埋め尽くされている といった状況だったのです。 もちろん検索エンジン側もあの手この手で様々な対処をおこなってきましたが、結局は悪意あるサイ ト運営者とのいたちごっこに終わり、抜本的な解決には至りませ んでした。