ユーザー視点

ユーザー視点を基本にSEO対策も考えましょう。ユーザー視点を基本に、 SEO対策を考えます。 さて、「トピックを分類する」といっても、いったい何を目安に どの程度情報を分類していけばいいのでしょうか。 そもそも、このようなサイト構造にするのはSEO対策をおこなうためですから、検索エンジンがわかりやすい単位でトピックを分け ることが基本です。そして、トピックを分けることで自分が狙っ ているキーワードでの上位表示がしやすくなるのですから、トピ ックは狙うキーワード単位で分けていくことになります。
ここで「ユーザーにとってわかりにくければ意味がないじゃな いか」という意見があるかもしれませんが、検索エンジンにとっ てわかりやすい情報分類は、ユーザーにとってもわかりやすくな るもので、両者で矛盾するケースは基本的にありません。ユーザ ーにとって扱いやすいサイトというユーザピリティと、検索エンジンにとって扱いやすいサイトという SEOは両立・共存 できる関係にあるということを覚えておきましょう。
まず自分のサイトで上位に表示させたいキーワードをすべてリ ストアップします。その上で、キーワードを内容別に分類してみ ます。すると、リストアップしたキーワードがいくつものグループに分かれるはずです。その分かれた単位がトピックを決める目安です。
まずヒッ トさせたいキーワードをピックアッして、 分類し、その分類に対応するようにディ レク トリーを作成していけば、 トピック要素の最適化ができます。逆に、もしこのようなグループ分けをせずに、 ドメイン直下にすべてのウェブページを並列に 配置すると、どのようになるでしょうか。同じ条件で検索をかけた時、ディレクトリーによ って「適切な絞 り込み」が上手におこなわれているサイトは、「トピックが十分に フォーカスされているので、検索ユーザーが満足するだろうとみなして、当該キーワードとの関連性を高くします (上位に表示され やすくなります)。 なお、ディレクト リーで区切る場合、それぞれの トップページは index.html にする必要はありませんが、最後が ../ でアクセスできる 状態にすることをお勧めします。トピックによってディレクトリーを分けるメリ ットは、ユーザー が探している情報に応じて適切なページに誘導できることです。ま た、サイトを管理する上でも、ディレクトリーごとに情報を分類 し ておけばメンテナンスが楽になるでしょう 。運用上の観点からも、 SEO対策の観点からも適切な情報分類は多くの利点をもた らしてくれま す。

おすすめサイト:SEO対策の東京SEOメーカー