本質的検索意図の追求

Google検索サイトにて検索しようとする目的には、いろいろと考えられるでしょう。入力した内容そのものの詳しい情報を知りたい、入力した事柄の解決糸口を見つけ出したい、その物を購入できる場所を知りたい、等まさに十人十色と言ってもいいかもしれません。このように検索意図の先にある本質的な意図こそが利用ユーザーにとって大事な情報と言えるのかもしれません。例えば、「スマホ 充電できない」という入力に対し考えられる意図としては、「故障の原因が知りたい」「(原因はともかく)解決法を知りたい」「仕様が知りたい」「交換できるお店を知りたい」等いろいろ想定できるでしょう。なかでも、原因を知りたいという人にとっては、今の現象が与えられるとその現象に対して考えられる原因が列記されたサイトが有効でしょう。自分で直せないかと考えている人にとっては、現象を入れれば現象ごとの対処法が出てくれば助かります。仕様が知りたいと思っている人にとっては、メーカー名や型式を入力すれば「よくあるFAQ」が載ったページが助かるでしょう。お店を知りたい人にしてみれば該当機種と位置情報を入れることで対応可能なお店情報が出てくれば早速行動を起こすかもしれません。こんな事例一つ考えただけでも、検索意図にはその奥にある意図があり、それを追求できればまさしくGoogleが意図したWebサイトである言えるのかもしれません。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です