ロボットと人

近年、デスクワークを中心とする情報処理作業の多い会社などではRPAロボットの導入が盛んに行われていると言われています。このロボットは、従来のような工場の生産ラインなどで活用されているロボットと同じように、人の手で行われていた作業を代行してくれるロボットであると言えるでしょう。その現場が、工場など知的生産現場では無いところから、情報処理などが中心のデスクワークといった現場に進出してきたイメージと言えるのではないでしょうか。RPAロボットという呼び名の他にも、コンピュータシステムを活用し、作業を自動化して遂行することから、デジタルレイバーと呼ばれることもあるようです。デジタルレイバー=目に見えない知的労働者と考えられており、工場などのロボットとは違い、物質として姿形がないものであると言えるでしょう。このデジタルレイバーによる自動化は、コピー機の開発やFAXの普及といったことを皮切りに、近年では、より人と同一の作業を遂行できるよう、発展するネットワークや、コンピュータ技術を中心とし、更なる発展を見せているのではないでしょうか。これにより、今まで人の手で行なっていた多くの業務がシステム化されることにより、作業効率の向上が可能になっていると言えるでしょう。システムの導入の仕方によっては、経理や生産管理、販売管理、顧客データの編集といったことまでも自動化できるようになっているようです。しかし、実際には人の作業でなくては行えないという部分もまだあるようで、RPA導入における課題は、作業中に「考える」ことのできるロボットというところまで発展しているようです。工場などで見かけるロボットとは違い、実態としては存在しない存在と言えますが、その導入によっては、デキる社員一人を雇うよりも遥かに業務効率を上げてくれるものと言えるのではないでしょうか。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です