永遠に超えられないAIの壁

チェスや囲碁、将棋で、AIが名人たちを打ち破る。家電製品もAI搭載でどんどん賢い製品に成長する。小売・流通業や製造業などへも進出し、精度を上げ続ける。こうなると、AIの能力はどこまでも「完璧」に近づきそうです。ところが、そこには永遠にAIが超えられない大きな壁があります。それはAIの多くが「統計的機械学習」といわれる手法を使っている点で、精度として「100%」 の保証が永久にできないことです。数学的な理屈の積み重ね(演繹的手法)であれば、100%保証も可能になるかもしれませんが、AIは帰納法的アプローチですから、必ず誤差(エラー)が生じます。もし、「AIは完璧なもの」と思っている人が、ミスが出た場合にそれを許容できますか。それはAI側の技術的な問題ではなく、AIに対する人間側の問題といえると思います。「人間よりもAIのほうが精度が高くなる」のは、究極的には間違いないことです。帰納法的には、人間を超えるに決まっているからです。ですから、一定の領域の業務でAIは人間以上の活躍ができそうです。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です