スパム判定を受けてしまったら

ヤフーでは検索エンジンのアルゴリスムの変化が急であるということもあって、
スパム的手法を取っていないにも関わらずスパム判定を受けてしまうというケース
は珍しくありません。
スパム判定を受けた結果として取られてしまう措置はさまざまあります。重度な
ものでは「インデックス削除される」、「順位が圏外に溶ちる」などがあり、軽度なものでは 「lO位程度の下落」の場合もあります。

ヤフ ーでは一定の傾向で少しずつ変更していくのではなく、基準の入れ替えとい
うことをを行います。従って、先月圏外に落ちて何もしていなかったサイトが今月はまた元に戻るといったようなことがよくあります。 これは 1回の変動で一喜 憂するべきではないということを意昧します。 ただし待っていて戻ってくればいいのですが、不幸にして戻らないというケースもあります。 では、スパム判定を受けたと思われるとき、どう対処すればいいのでしょうか。
対処方法には次のようなものがあります。
・キーワードの聞きをする

・コピ一ページ、 コピーサイトを解除する

・被リンクを削除する

・あきらめて別い を作成する

ヤフーで順位が大き く下落したときにまず最初に疑うべきなのが、キーワード過多です。内部要素としてはそれ以外にコピーページ、コピーサイ トになっていることがないかをチェックします。 内部要素のスパム判定が解除されるまでの期間はさまざまです。変更 した直後に
たまたまアルゴリズムの変更が行われたりする場合は数日で成功する場合もありますが、通常は2~3か月は掛かると見ていいでしょう。 どう考えても内部要素に変更の余地がない、という場合は被リンクを疑うべきで す。被リンクは、 般的にはそれによってスパムにはならないといわれています。 なぜなら、質の悪い被リンクによってスパム判定を受けるのであれば、ライバルサイトにそれを張るという行為が横行してしまうからです。検索エンジンもそれを認 めるはずがありません。 しかし一定の範囲で被リンクによるスパムは存在すると推察します。それは個々 のリンクがスパムになるというのではなく、質の悪いまたは低い被リンクが大量に付いている場合に起こるのではないかと考えられます。 心当たりがあるようでしたら、そういったリンクの削除も検討するといいでしょう。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です