外部リンクでもっとも大事なことは自然リンクを獲得すること です。 リンクは、バランス よく、自然に特定の獲得手法に偏った外部リンク対策は、時として特定のパターンで張られすぎるために検索エンジンのアルゴリズムの仕様が変わった時などにスコアが大き く変化 し、結果としてランキングに影響が出やすいというデメリ ットがありますが、自然リンクを多く獲得することはそうしたリスクにさらされることはまずありません。
そこで、ソーシャルブックマークやニュースで紹介されるような有用なコンテンツを作ることも、 SEO対策の施策に活かす手段の1つと して活用できます。 もちろん、SEO対策を主目的にしても上手く行き ません。あくまでユーザーが面白い、有用だと感じてもらうコン テンツを提供し ないと誰もブックマークしてくれないからです。
ここでは 良質なコンテンツを作るという大前提のもと、マークされやすいしくみを紹介 します。
ブ‘ックマーク登録ボタンを設置する
ソーシャルサービス提供各社は、訪問者が閲覧中のページを簡単にブックマークするための、ウェブ上に設置する簡単なスク リプトを公開しています。
例えば各ページには、ソーシャルブックマ ークを提供する各社へのブックマークボタンを設置しています。訪問者がこれをク リックすると、自分のブックマ ークに登録できるものです。設置することで 登録数が増えることはないが、登録のしやすさ、環境を整えることが重要です。
このボタンを設置したからといって登録者数が増えるわけでは ありません(つまりリンクが増えるわけではありません)。しかし、 しくみを提供することで、訪問者が「登録したい」と思った時、 それを即座に実現することができます。

ユーザーがソーシャルブックマークで登録するのは必ずしもブ ログとは限りません。購入したいと思っている商品の説明ページなど、通常のウェブページでもブックマークされるシーンは多々あります。 そこで各ページにこうしたボタンを設置することで、 HPのサイトを訪れて、何らかのコンテンツに興味を持ってブックマークしたいと思ったその瞬間にアクションが起こせるような しくみをサイトに取り込んでいます。
他にもプレスリリースごとのページにブックマーク登録ボタンを設置するなど、色々な試みをしている企業は少なくありません。 ブックマーク登録ボタンの設置はソーシャルメディアマーケテイ ングの一環として、企業でも十分に活用できるツールですので、 ソーシャルメディア対応と SEO対策の一環として検討してみても 良いでしょう 。