いかに一方的被リンクを集めるか

被リンクを集めるにはさまざまな方法がありますが、必ずといっていいほど行わ なくてはならないことは、ただ1つです。 それは魅力的なサイトを作成することです。
魅力的というのは、役立つとかおも しろいなど、人に薦めたくなるサイトのこと
です。
こういったサイトを作ることによって、さまざまなサイトから紹介されます。これが多数の被リン クの獲得につながるというわけです。 ともすればSEOというと、いかに楽に効果的な被 リンクを集めるかということにばかり注力してしまいがちですが、魅力的なサイトを作るという王道を忘れてはいけません。 これはサイト作成時から常に念頭lこ置いて運営していく必要があります。
素晴らしい内的要素が素晴らしい外的要素を生み、上位表示を実現するといった好循環を常に目指していきましょう。 検索エンジンは、サイト内の文字量は分かっても質まではなかなか分かりません。質は被リンクで判断しているので、被リンクこそが SEO の最重要ポイントとなっています。

検索結果を観察しよう

検索サービスは何かのキーワードで検索をすると、ウェブ ページの一覧がずらっと出てきます。この時、みなさんは一覧をど こから見始め、どれくらいの量に目を通すでしょうか?
ほとんどの方は、出てきた画面の上の方から順番に見て、スクロ ールさせながら下に目をやり、自分が探している情報に関連のあり そうな文字を見つけたら、そのリンクをクリックしているでしょう 。 もし出てきたウェブページにほしい情報がなさそうだ、ったら、検索 キーワードを追加して絞り込みをしたり、キーワードを変えてみた り、あるいは他の検索サイ トに移動するなどして何とか情報が見つ かるための行動をとるに違いありません。
ところでどの検索エン ジンで検索しでも、大抵の場合、該当する ウェブページが数千件、あるいは数万件の単位でリストアップされ ています。
検索結果にはウェブページの一覧リンクが表示されることが多いです。場合によっては何十万、何百万ものぺージが検索にヒットしますが、実際にユーザーが見るのは最初の10~20件だけとの言われています。

SEOの落とし穴って?

SEOにおいて重要なのは、、いかに難しいキーワードで上位表示するかということではなく、
いかに属性の合ったお客さんにたくさん見に来てもらうかです。 そのためには、むしろ属性の広い激戦キーワードよりも、複合語などの対象者をしぼったキーワードでの上位表示の方が効果が出やすいといえます。さらに、1 ページのキーワ ード は原則 1っですが、ページ数が多いとそれだけ多くのキーワードでの上位表示も狙えます。ましてサイトが検索エンジンから高い評 価を得てくると、 1ぺ ジで多くのキーワードでの上位表示の可能性も出てきます。 つまり、いかに多くの適切なキーワードで上位表示をするかということが非常に重 要になります。これができてくると、検索エンジンの変化に強い安定したアクセスと成約率を保つことができるでしょう。 ですから SEO を行う上で、トップページのビッグキーワード(検索数が多い激 戦のキーワード)ばかりに注力するのではなく、サブページのキーワードの上位表示も地道に狙っていくようにしていかなくてはなりません。 また、SEO はただ上位表示すればいい、という考え方に陥りがちですが、それだけではうまくいきません。最も重要なことは「多くの成約に結び付く」ことです。 SEO はそのための手段なのです。 ですから、 SEOは成約率と一体となって考えるべきものです。

キーワードを調べよう

“1ぺ一ジごとにキーワードを設定し、それぞれのキーワードでそれぞれのページが上位表示するように施策するわけです。さらに複合キーワードを調査するために関連キーワードツールを使っていろいろな複合キーワードを調査します。
キーワードを入力すると、 Google と Yahoo! JAPAN で実際に検索されている関連した複合キーワードを全て表示してくれる使利なツール。ロングテール狙いで 大量のキーワードが必要な際には欠かせないツールとなります。
キーワード選定は最初に トップページのキ ーワードを選定します。ブ口グであればブログタイトルに相当します。次にサブページのキーワードを 1ページ に1キーワードずつ選定 します。ブログであれば‘、記事タイトルに相当します。
トップページのキーワード選定をしたあと、サブぺージの複合キーワードの選定をするのがポイント。 トップページのキーワード選定には、検索需要が月間検索回数でわかる Googleキーワードツールを利用する。サブぺージの複合キーワー ドのバリエーションのアイデア出しには「関連キーワードツール」を利用します。”

本質的検索意図の追求

Google検索サイトにて検索しようとする目的には、いろいろと考えられるでしょう。入力した内容そのものの詳しい情報を知りたい、入力した事柄の解決糸口を見つけ出したい、その物を購入できる場所を知りたい、等まさに十人十色と言ってもいいかもしれません。このように検索意図の先にある本質的な意図こそが利用ユーザーにとって大事な情報と言えるのかもしれません。例えば、「スマホ 充電できない」という入力に対し考えられる意図としては、「故障の原因が知りたい」「(原因はともかく)解決法を知りたい」「仕様が知りたい」「交換できるお店を知りたい」等いろいろ想定できるでしょう。なかでも、原因を知りたいという人にとっては、今の現象が与えられるとその現象に対して考えられる原因が列記されたサイトが有効でしょう。自分で直せないかと考えている人にとっては、現象を入れれば現象ごとの対処法が出てくれば助かります。仕様が知りたいと思っている人にとっては、メーカー名や型式を入力すれば「よくあるFAQ」が載ったページが助かるでしょう。お店を知りたい人にしてみれば該当機種と位置情報を入れることで対応可能なお店情報が出てくれば早速行動を起こすかもしれません。こんな事例一つ考えただけでも、検索意図にはその奥にある意図があり、それを追求できればまさしくGoogleが意図したWebサイトである言えるのかもしれません。

【新規】&【既存】 ネットマーケティング

皆さんがネットビジネスの中で、 SEO などから、新規のお客様の集客に日々、熱心に取り組まれていらっしゃるのではないかと思われますが、その中で、考えていただきたいのが、新規顧客のためのコストについて、一度見直しをしていただければどと思います。お客様を分類していきますと、【新規のお客様】となる、皆さんのネットビジネスのプロモーション商品を知らないお客様と、すでに皆さんの販売している商品を、ご購入いただき、商品をご使用頂いている【既存のお客様】などに分かれてきます。【新規】のお客様を獲得するためには、様々な広告や宣伝などの販促コストが発生してまいります。また、既に商品をご購入いただいた【既存】のお客様に関しては、他の類似商品などに浮気をされないように、既存のお客様の獲得維持をして行かなくてはならないはずです。そこには、既存のお客様を維持していくためのコストというものも発生してくるでしょう。実際に SEO などの対策をされている事業主さんの中では、その多くの場合が、新規のお客様ばかりに、注意が注がれてしまい、既存のお客様へのケアが全くなされていないというような事業主さんが多いと言われています。【新規】獲得をするお客様の販促コストと、【既存】のお客様の維持費を比較した際に、どうしても【新規】のお客様を獲得するコストというのは、膨大な金額が発生しているのではないでしょうか。また【既存】のお客様がリピーターとなって、さらに商品を購入し続けてくれた際の利益と、【新規】お客様を獲得した時の売上の利益を売上の利益を、換算してみてくださいも。しかすると、【既存】のお客様に、きちんとしたケアやアフターフォローを行い、継続的に商品をご購入いただいた方が、皆さんの売り上げの利益としては高い可能性もありますよ。

ロボットと人

近年、デスクワークを中心とする情報処理作業の多い会社などではRPAロボットの導入が盛んに行われていると言われています。このロボットは、従来のような工場の生産ラインなどで活用されているロボットと同じように、人の手で行われていた作業を代行してくれるロボットであると言えるでしょう。その現場が、工場など知的生産現場では無いところから、情報処理などが中心のデスクワークといった現場に進出してきたイメージと言えるのではないでしょうか。RPAロボットという呼び名の他にも、コンピュータシステムを活用し、作業を自動化して遂行することから、デジタルレイバーと呼ばれることもあるようです。デジタルレイバー=目に見えない知的労働者と考えられており、工場などのロボットとは違い、物質として姿形がないものであると言えるでしょう。このデジタルレイバーによる自動化は、コピー機の開発やFAXの普及といったことを皮切りに、近年では、より人と同一の作業を遂行できるよう、発展するネットワークや、コンピュータ技術を中心とし、更なる発展を見せているのではないでしょうか。これにより、今まで人の手で行なっていた多くの業務がシステム化されることにより、作業効率の向上が可能になっていると言えるでしょう。システムの導入の仕方によっては、経理や生産管理、販売管理、顧客データの編集といったことまでも自動化できるようになっているようです。しかし、実際には人の作業でなくては行えないという部分もまだあるようで、RPA導入における課題は、作業中に「考える」ことのできるロボットというところまで発展しているようです。工場などで見かけるロボットとは違い、実態としては存在しない存在と言えますが、その導入によっては、デキる社員一人を雇うよりも遥かに業務効率を上げてくれるものと言えるのではないでしょうか。

RPA導入のメリット

多くの企業や会社で導入が進められているRPAとは、情報を処理するロボットであるということはもちろん、処理対象が社外のWebサイトや情報などであっても、情報収集、分析、加工というような、今までは人の判断能力が必要とされていたような業務を自動化することを可能にしたロボットであると言えるのではないでしょうか。つまり、情報処理業務上で必要になる多種多様なさまざまな中間作業を代行してくれるロボットであると言えるでしょう。例えば、スプレッドシートを元にしてデータをコピーしたりしなければならない業務を見てみましょう。この場合、今までは「確認作業」を人が行わなければならないために、効率化が難しかったポイントであると言えるでしょう。こういった業務にRPAを導入すると、確認からシステムへの入力という作業をルーチンとして記憶させることにより、また、判断基準をインプットしておくことにより、作業の自動化が実現できるのではないでしょうか。これは、人手を別の作業へと配置し直すことも可能となり、人では起きてしまいがちなミスといったものも回避できるの出はないでしょうか。RPAを導入することにより、今まで人間が実際に行ってきた「スプレッドシートへの入力」「数値の確認」「編集」などの事務作業を、自動化できると言えるでしょう。そのためには、ルールを決め、単純でわかりやすい法則を決めておく必要があるでしょう。ロボットは、それらに則って作業を進めていくことになるでしょう。つまりある程度簡略化の可能な知的作業と言えるものをロボットにより、確実、迅速に処理することが可能にしたものであると言えるでしょう。ロボットというものを設計し、実際に構築し、さらには運用していく姿勢が積極的に見られているという分野でもあるでしょう。

永遠に超えられないAIの壁

チェスや囲碁、将棋で、AIが名人たちを打ち破る。家電製品もAI搭載でどんどん賢い製品に成長する。小売・流通業や製造業などへも進出し、精度を上げ続ける。こうなると、AIの能力はどこまでも「完璧」に近づきそうです。ところが、そこには永遠にAIが超えられない大きな壁があります。それはAIの多くが「統計的機械学習」といわれる手法を使っている点で、精度として「100%」 の保証が永久にできないことです。数学的な理屈の積み重ね(演繹的手法)であれば、100%保証も可能になるかもしれませんが、AIは帰納法的アプローチですから、必ず誤差(エラー)が生じます。もし、「AIは完璧なもの」と思っている人が、ミスが出た場合にそれを許容できますか。それはAI側の技術的な問題ではなく、AIに対する人間側の問題といえると思います。「人間よりもAIのほうが精度が高くなる」のは、究極的には間違いないことです。帰納法的には、人間を超えるに決まっているからです。ですから、一定の領域の業務でAIは人間以上の活躍ができそうです。

集客とアクション

SEO対策は、検索エンジンに対しての適用が、メインとなりがちですが、実際には、検索エンジンから、多くの集客数を得た後に、皆さんのウェブサイト上で、ユーザーたちがアクションを行うことによって、成果を上げるために、サイト上のナビゲーションを行わなくてはなりません。そのような成果を上げるためには、どのように皆さんのサイト上の目的のゴールページに、誘導するかといったような設計図を、描いていけば良いのでしょうか。何よりも Web ページを開いたユーザーたちが、瞬間的に表示されるトップページを見た中で、「自分にとってメリットがありそうだ」などといった感触を得る必要があるでしょう。「なんだか、読み進めると自分にとって良いことがありそうだぞ」などといったような、コンテンツ内容を読み進めたくなるような効果的な演出方法を取り入れながら、レイアウトを行っていきましょう。まずは、訪問者にそのウェブサイトに、興味を持ってもらうことが重要です。何よりもゴール地点を目立ちやすくし、リンク、やボタンなどは目立つ形でレイアウトを行うようにしましょう。