アンカーリンクを知る 『サイトへのリンク』

Googleは、ウェブページ間のリンクを「投票」と解釈しています。あなたのウェブサイトには、誰が、どのウェブページに、何と書いて投票しているのでしょうか

□アンカーリンク3つの重要指標
Googleウェブマスターツールでは、自社のウェブサイトへの被リンクについて、3つの指標を知ることができます。

①リンク数の最も多いリンク元
どのウェブサイトから、どれだけのリンクを受けているかを知ることができます。被リンクは質と量がポイントです。 1つのウェブサイトからのリンク数に偏りが見られても、リンク元の数が多ければ問題はありません。

②最も多くリンクされているコンテンツ
自社のウェプサイトのどのウェブページ(コンテンツ)に、どれだけリンクされているかを知ることができます。自社のウェブサイトの中で、重要なウェブページに被リンクが集まっているのか確認をしてみましょう。このツールで発見できる課題は、「インデックスされているウェブページ数」対「被リンクされているウェブページ数」の比率です。

③データのリンク設定
自社のウェブサイトへのアンカーテキス 卜を知ること ができます。 このデータを見れば、ウェブペ ージに最も多くリンクされているアンカーテキストがわかります。

この3つ指標はそれぞれ独立しているデータなので、 3つの指標を結び付けて判断をしないようにして下さい。各指標の1位を結び付けても、現実の結果とは異なる場合があります。

(メニュー→ トラフィック→サイトへのリンク)

キーワードは最初に持って来よう

同じテーマの文章であっても、キーワードを文章の前半に使っている文章は読み始めてすぐに何について書いてあるのか理解できますが、文章の後半にキーワードが出てくる文章だと最後まで読まないと何について書いてあるのかわかりません。もし、あなたが文章を大量に読まなければならないなら、キーワードを最初に書いてくれた方が助かりますよね。検索エンジンも同じです。文章の上部にあるキーワードを重要視するといわれています。そこで、記事の本文を書く時、上位表示させたいキーワードはできるだけ上部に出てくるようにしましょう。

なお、一昔前は、「検索エンジンは記事の上部しか読まないので、あまり長い文章にすると損する」といわれていました。しかし、検索エンジンの性能の向上と共に、記事の下部まで読むようになっているようです。したがって、「キーワードを文章のなるべく最初の方に盛り込ん
でおく 」ということだけ守っていれば、 lつの記事の文字数を気にする必要はありません。

また、キーワードを強調することも大切です。「emタグ」「strong タグ」で強調したいキーワードや文を挟むだけでOKです。

スパム判定を受けてしまったら

ヤフーでは検索エンジンのアルゴリスムの変化が急であるということもあって、
スパム的手法を取っていないにも関わらずスパム判定を受けてしまうというケース
は珍しくありません。
スパム判定を受けた結果として取られてしまう措置はさまざまあります。重度な
ものでは「インデックス削除される」、「順位が圏外に溶ちる」などがあり、軽度なものでは 「lO位程度の下落」の場合もあります。

ヤフ ーでは一定の傾向で少しずつ変更していくのではなく、基準の入れ替えとい
うことをを行います。従って、先月圏外に落ちて何もしていなかったサイトが今月はまた元に戻るといったようなことがよくあります。 これは 1回の変動で一喜 憂するべきではないということを意昧します。 ただし待っていて戻ってくればいいのですが、不幸にして戻らないというケースもあります。 では、スパム判定を受けたと思われるとき、どう対処すればいいのでしょうか。
対処方法には次のようなものがあります。
・キーワードの聞きをする

・コピ一ページ、 コピーサイトを解除する

・被リンクを削除する

・あきらめて別い を作成する

ヤフーで順位が大き く下落したときにまず最初に疑うべきなのが、キーワード過多です。内部要素としてはそれ以外にコピーページ、コピーサイ トになっていることがないかをチェックします。 内部要素のスパム判定が解除されるまでの期間はさまざまです。変更 した直後に
たまたまアルゴリズムの変更が行われたりする場合は数日で成功する場合もありますが、通常は2~3か月は掛かると見ていいでしょう。 どう考えても内部要素に変更の余地がない、という場合は被リンクを疑うべきで す。被リンクは、 般的にはそれによってスパムにはならないといわれています。 なぜなら、質の悪い被リンクによってスパム判定を受けるのであれば、ライバルサイトにそれを張るという行為が横行してしまうからです。検索エンジンもそれを認 めるはずがありません。 しかし一定の範囲で被リンクによるスパムは存在すると推察します。それは個々 のリンクがスパムになるというのではなく、質の悪いまたは低い被リンクが大量に付いている場合に起こるのではないかと考えられます。 心当たりがあるようでしたら、そういったリンクの削除も検討するといいでしょう。

キーワードは早めに出す

サイトやページのタイトルを考えるときは、メインキーワードを織り交ぜたタイトルを検討します。

タイトルにキーワードを含めることで、クローラに対して 「このサイト (ページ)がどんな内容を取り扱っているか」をアピールすることができます。 SEOで効果的なタイトルにするためには、屋号の前にキーワー ドを配置することをおすすめします。例えば、無添加石鹸を扱うなら「無添加石鹸は安心と安全の○○|東京都××区」、手作りのカバンを専門に扱うなら「手作りカバン通販専門店○○」など、的を射たタイトルを考えましょう 。

ユーザーは、検索結果として表示されているサイトの中から、気になったサイトをクリックします。このとき、上位に表示されたサイトがクリックされるとは限りません。サイトのタイトルに魅力を感じたことをきっかけに、自分のサイトへ訪れてくれるユーザーも少なくな いでしょう 。そのため、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを考えることが重要です。

.htmlという「拡張子」

ホームページを見るときに、アドレスに .html~という文字を入力している ことと思います。ホームページの実体はこの .htmlという「拡張子」の付いたテキストファイルです。まずはこれらのファイル (HTMLファイル)を作成する必要があります。 しかし、ファイルを作成しただけではインターネットに接続されたほかのコンビュータからア クセスすることはできません。ホームページの ファイルはファイルを Webサーバーと呼ばれる コンビュータに置く必要があります。 HTMlとスタイルシート 拡張子 .htmlのファイルは HTMLという言語で記述されています。HTMLの基本を勉強しましょう。 HTMLだけでは視覚的表現に限界があるため、 HTMLファイルにデザイン情報を付加するスタイル シートの知織も必要です。 スタイルシートとは、レイアウトや色をきめるCSSとよばれるものです。cssはcssのファイルを作ってhtmlに対してidclassで定義して色とレイアウトを決めていきます。ホームページはこのhtmlとcssのコーディングさえできれば何とか作ることができます。動きのある画像などはjavascriptjqueryといったものが必要になります。よくわからない人はホームページ作成のWEB制作会社に依頼することをお勧めします。

アジアのネット市場

アジアのネットインフラ、オンライン広告市場は急激なスピードで成長しています。しかしながら、ネット普及率を見ると25.8%と低く、その成長スピードは今後ますます加速することが予想されます。

アジアには人口世界l位の中国、2位のインドがあります。当然ながら、アジア内でも中国のネットユーザーがもっとも多いのですが、ネット普及率は4割程度にとどまっています。インドに至っては、2011年現在、l億2,000万人のネットユーザーがいると言われていますが、人口のわずか10%にすぎません。

中国、インドを含め、アジアにおけるオンライン広告市場、検索エンジンマーケティング市場は加速していくことになるでしょう。

オンライン広告市場

2011年のアジア全体のオンライン広告自’は248億USドル。世界のオンライン広告市場のうち29%を占めます。

また、アジアに出稿するオンライン広告の費用対効果は高く、lUSドルの投資に対して1.78USドルのリターンを得るとも言われています。これは、オンライン広告がテレビや紙メディアよりも費用対効果が高いことを表しています。

美しいソースコードを目指して

ソースコードの何を確認していくのか?それは、ソースコードの美しさを見ていくのです。いったい、美しいソースコードとは何なのでしょうか?

皆さんは、「W3C」という名前を聞いたことがありますかっW3Cとは、HTML、CSSの標準化を推進する世界団体です。W3Cの勧告に準じて制作したWebサイトは、世界標準のWebサイトということになります。

そのハイクオリティな基準をクリアしているWebサイトは本当にわず、かと言われており、パーフェクトなサイトは私もほとんど見たことがありません。

W3Cの勧告に準拠した「美しいWebサイト」は、SEOにも密接な関係があります。なぜならW3C準拠は「高品質の証明書」であり、検索エンジンにも好まれやすいサイトであると言えるからです。

W3Cのサイトには、自分のソースコードがW3Cに準拠したものであるかどうかを判定してくれる、便利なサービスがあります。

大切なホームページ作り

ほとんどの SEOの本で思わす見過ごされがちな「ページ作り」がSEO対策では重要です。

どんなに検索結果で上位に表示されても、そのユーザーを受けるホームページがしっかりしていないと、手間と時間をかけたSEOが無駄になってしまう。 検索結果で上位に表示されることが全てじゃない。

SEOを行う上で、よく陥りがちなのが、検索結果で飛び込んだページがトップページで、お客さんが探している商品やサービスが、すぐに見つからないというケースである。

売れる検索キーワードに対して、お客さんがページに飛び込んで、すぐにその目標を達成できるようなホームページになっているかを、確認するべきである。例えば、 歯医者 インフラントという検索キーワードだったら、ページ に飛び込んで、すぐにインプラントの解説があって、予約申込みの電話番号が大きく掲載されているのがベストである。
検索キーワードを経由してホームページに飛び込んで、お客さんが何も考えず、に次のアクションを取れるような、そんな分かりやすいホームページを用意しなくては、セッカチなインターネット利用者は、どんどん他
のホームページに飛んでいってしまうのである。 ホームページに飛び込んでもらって、お客さんに何をしてもらいたいの か。ここの部分をもう一度考えて、改めてホームペ ジを見直してもらいたい。

コンテンツマーケテイング

現在のSEOでは、無意味な外部リンクを量産するなどといった単純な施策は通用しなくなりつつある。 むしろそのようなスパムじみた施策を行えば検索エンジンから ペナルティを加えられ、損害をこうむってしまうことにもなりかねない。結局のと ころ 、Web サイトを訪れたユーザーが満足できるコンテンツが用意されているかどうかが、検索エンジンから高く評価されるための重要なポイン卜となっている。
そうした検索エンジンの現状にかんがみ、近年注目を集めているのがコンテンツマーケテイングである。

ユーザーを納得させる コンテンツを用意するためは、ターゲットとするユーザーのニースをしっかりと分析し、そのユーザーに商品・サービスの魅力が伝わる最適な内容とその表現を追求しなければならない 。内部対策と重なってくる部分もあるが、コンテンツマーケティングという分野として大きく扱われるほどに、その重要性はますます高まっている。

インデックスされやすいURL

ひとつひとつのページを、 html で終わる静的なURLにする
どんなページでもインデックスされるかというと、そんなことはありません。イン デックスされにくいページは存在します。

一 般的なHTMLファイ ルは最もインテックスされやすいのですが、プログラムで動的に 生成されたようなページは特にインデックスされにくくなっています。 以下にインデックスされやすいURLとされにくいURLを列 挙します。
インデックスされやすいURL
・ ~sample.html
・ ~sample.htm . ~sample.php . ~sample.cgi ※上記のよ うな URLを、静的な URLと呼 びます 。