キーワードを意識して文章を書き換える

それでは第3章で決めた対象ページをWebブ、ラウザで開いてみてください。その中の文章をざっと見て、対象キーワードは出てくるでしょうか。

実はSEO対策をまったくしたことがなければ、対象キーワードがほとんど出てこないことも珍しくありません。言葉には言い換えがたくさんあり、たとえば結婚式場を運営している会社のホームページで対象キーワードを「ブライダル」にしたとしても、ホームページには「結婚式」や「ウェデイング」という言葉しかなく、「ブライダル」という言葉が出てこない、ということもあるのです。

検索エンジンから見て、ホームページの文章中に「ブライダル」という言葉がまったくなければ、「ブライダル」というキーワードでの検索結果で上位表示を目指すのは難しくなります。そこでもとの文章を、対象キーワードを意識して使って書き換えていくのです。

SEOのページ内部対策の作業はひとことで言ってしまえばこれだけです。細かい注意点がいくつかありますので、それは次のセクション以降に見ていくこととします。

Leave a Comment

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です