検索意図を想像する

1ヵ月に検索された回数が20億以上もある Yahoo!によると、 1日に 1 回しか検索されないユニークなキーワードは63%にのぼるそう で、つまり 、検索される物事は人によって多種多様 ですし、入力されるキーワー ドも人に依存する部分が大きいことを示しています。 これは、 全く 同じ事柄を検索しようとしても、あなたと、あな たの隣にいる人は全く違う検索キーワードを使うということです。 例えば2人の大学生が目前に控えた夏休みを前にアルバイトの仕事を探している時、 一方はバイト 夏休みと検索するかもし れませんが、もう 1人はあらかじめ楽してお金儲けたいと考えていて「アルバイト塾講師」と検索するかもしれません。 しかし両者ともに、「夏休み中のアルバイトを探したい」という、同じ検索意図を持っているには違いないのです。ある同じ商品やサービスを指す場合でも、呼び方が異なる場合 があります。例えばネットの光ファイパー接続サービスであれば、 光ファイパーといったような言い換えが可能で す。また、特定企業が用いる名称B フレ ッツを光ファイパー接続と同義ととらえてキーワードとして用いてい るかもしれません。ホームページ制作であっても「ホームページ作成、ウェブ制作、ウェブサイト制作、サイト構築というよ うに、同じ意味でも異なるいい方ができます。このように、いい換え ・代替可能な言葉からキーワードになりそうなものを探すこ とも大事です。
検索キーワードを選ぶ時は自分1人で考えずに、周りの人、例えば同僚や知人とブレインストーミングをして一緒に検索キーワー ドを考えることも効果的です。 きっと 、あなたが発想もしなかっ た、しかし検索キーワードとしてありそうなアイデアを出してく れるはずです。