SEO対策とは、キーワード検索での順位をl位にするランキング遊びではありません。質を問わずとにかくトラフイック(訪問者数) を増やせればいいわけでもありません。
とりわけ企業がウェブサイトにSEO対策を実施するのであれば、自社の商品やサービス、ソリューションに対して関心を持ち、将来の顧客になる可能性のあるユーザーからの トラフィックを得る必要がありますし、同時に、オンラインで取引が完結するビジネスであれば トラフイックだけでなく、コンパージョンをどれだけあげられるかが重要でしょう 。つまり、 SEO対策を実施する以上、数千万人もの検索ユーザーの中 から自社に関心 を持つ質の高い見込み顧客をいかに誘導でき るかがカギとなります。
ここで重要な役割を果たすのが 「検索キーワード」です。私たちユーザーが検索する時とは、何かに興味や関心 を持ち、それを満たすための情報が必要な時です。そして、その情報を探し出す ために密接に関連する言葉の断片を 「検索キーワード」として GoogleやYahoo! に入力し、検索をしています。

自分が探している情報を検索キーワー ドとして利用するのですか ら、見方を変えると「検索キーワードには 人の意志が込められているということです。検索キーワードから その人は何に関心 を持ち 、何を探し求めているかが推測できるのです。
キーワードの選び方
みなさんがSEOを使って集客に役立てたいのであれば、ターゲッ トユーザーが検索時に利用するキーワー ドはなんだろう?と 考えて、それらのキーワ ー ドで検索された時に自社のサイトが検 索上位に表示される ようにする ことが大切です。 もしタ ーゲ ッ ト ユーザーが利用 しない検索キーワードで検索結果の1位に自社サイ トを表示できても 、それは訪問者は増えるかも しれませんがコンバージョンは生まれず、結果としてSEOに費やしたコストが無駄にな ってしまい ます。
以上のことから、検索キーワード選びはSEO対策の成功を決めるためのキーとなります。